ペットと一緒に引っ越す時の注意点。猫と犬を連れて隣県へ越した経験者の知識まとめ

ペットと一緒に引っ越す時の注意点。猫と犬を連れて隣県へ越した経験者の知識まとめ

猫や犬などのペットを飼っている人が仕事や家庭の事情で引っ越しをする場合、一緒に暮らしている猫や犬も新居へ移り住むことになります。

これまでに何度かペットを連れて引っ越しを経験しているのであれば要領が分かると思いますが、これがペットを飼ってから初めての引っ越しとなると不安ですよね。

これを書いている筆者は過去、猫(1匹)を連れて単身で引っ越したのと、猫と犬(4匹)を連れて引っ越した経験があります。

マコ

今までに2回、引っ越してるニャン

この記事ではその時の経験を基に、前日までに準備しておくべきことや移動の注意点、新居へ着いてから気を付けるポイントなどをまとめています。

詳しくは後述していきますが、猫と犬を連れて引っ越す時の流れはこんな感じでした。

ペットの引っ越しの流れ

  • 猫と犬が使うグッズは分かりやすくしておく
  • 引っ越し業者が来るので隔離・待機させる(脱走防止も兼ね)
  • 猫のトイレは猫砂そのままで持って行く
  • 飼い主さんと一緒に移動するのがおすすめ
  • 新居へ着いたら再び隔離・引っ越し作業終了まで出さない
  • 新居での生活に慣れさせる

移動距離(同一県内?他県?)によっても異なりますが、他市(車で1時間)と他県(車で2時間)への引っ越しを経験を基に書き進めていくので、参考になれば幸いです。

ペット(猫や犬)を連れての引っ越しは意外と大変

引っ越し直後の新居で撮影した猫2匹の写真

新居へ引っ越した直後、猫2匹は隠れてしまいました

猫でも犬でもペットを連れて引っ越すのは大変なことです。

引っ越しというだけでも大変ですが、引っ越し業者さんが作業する中、猫・犬と一緒に新居へと移り住む訳ですから、一通りの作業が終わるまでは気が抜けません。

人間も暮らす環境が大きく変わるとストレスを感じてしまいますが、ペットも同じで特に猫は家に慣れると言われていて、住環境が変わることは大きなストレスになります。

初めてのペットとの引っ越しでも落ち着いて対応できるよう、しっかりと準備を進めていき、猫や犬が感じるストレスを少しでも軽減させられるように努めましょう。

ペットを連れて引っ越す時の注意点

チワワ(ロングコート・チョコタンホワイト)2匹が並んだ写真

実際に引っ越すこと(転居先)が決まり、新居と引っ越し業者まで決まった前提で注意点を説明していこうと思います。

前日までの準備

翌日に引っ越しを控えた前日までに準備しておきたいことは以下の通り。

前日までの準備

  • ご飯やお水の器などは1つにまとめて分かりやすくしておく
  • 猫トイレの猫砂やシート、犬トイレのシートはそのままで
  • 引っ越し先の動物病院を何件かリサーチ

猫や犬が使っていた生活用品はなるべく1つのダンボールに入れて運ぶのがおすすめです。引っ越し先の新居ですぐにお水の用意をしたりするので、分かりやすくしておきましょう。

また、上でも紹介しましたが猫は環境の変化に敏感です。自分の匂いが付いたトイレをそのまま持って行くことで、早めにトイレを使ってくれることに繋がります。

引っ越しを機にトイレを新品に交換したり、移動前に猫砂や猫チップ・シートを全て捨ててしまうのはおすすめできません。トイレを変えるなら慣れてからにしましょう。

ウチは2匹の猫を運ぶときに一緒に車にトイレを乗せて新居へと移動しました。車内に臭いが残りますが、多少は仕方ないと我慢しました。

引っ越し当日:旧居での注意点

いざ引っ越し当日となり、業者さんが来る前から来て作業が開始されるまでの注意点・ポイントです。

当日のポイント

  • 猫や犬が脱走しないように隔離(猫は飛び出し注意)
  • 引っ越し業者さんが来る前に準備を済ませておく
  • 移動用のキャリーバッグなどは出しておく

引っ越し当日は数人の業者さんが家の中にあがってきて、部屋の中の荷物をどんどん運び出していきます。

引っ越し業者さんが来る前までにはペットを別の部屋(場所)へと隔離する必要があり、作業中、部屋の中にいると脱走したりケガをする可能性があるため、必ず隔離します。

2部屋あれば事情を説明して1部屋ずつ荷物を出して貰うか、トイレやお風呂場など業者さんが開けない場所へと一時的に隔離しておきます。

その際、ペットの匂いが付いたブランケットや毛布、ハウスなどを一緒に置いておくと安心できます。ペットホテルに預けると引き取りやストレスへの懸念など、色々大変だと聞いたので自宅で隔離するのがベストだと思います。

また、引っ越し業者さんはチームで来ます。当日の打ち合わせでチームリーダーの方に「○○○にペットがいるので開けないでください」と伝えておくと良いでしょう。

ウチは猫と犬が4匹と奥さんがいたので、筆者は先に猫2匹をケージに入れて新居へと移動。犬2匹は奥さんが隔離して作業後に連れてきてくれました。

マコ

お先にドロンですニャ

引っ越し当日:新居での注意点

旧居から荷物の運び出しが終わり、新居に荷物を運び入れる際の注意点・ポイントです。

新居でのポイント

  • こちらでも荷物が運び込まれる前にペットを隔離
  • 引っ越し業者さんが帰るまでは開けない
  • 落ち着いたら声を掛けてあげる

旧居で荷物を運び出す時と同じく、どこか1部屋に隔離しておくことをおすすめします。

新しい家は今まで匂いが全く違い戸惑うと思いますが、旧居から持ってきたブランケットやトイレなどを一緒に入れておくと多少は安心できると思います。

業者さんが荷物を運び入れ、引っ越し作業が一段落したらドアが開いていないか確認した後、猫や犬を部屋の中に出してあげます。

ウチの場合、猫2匹は部屋の隅に隠れて出てきませんでしたが、2匹の犬ズは家の中を探検していました。色んな匂いがするので興味津々だったようです。

一方、ロシアンブルーのマコは2度目の引っ越しということもあり、その日の内にパトロールを始めましたが、アメリカンショートヘアのれっちゅんは2日ほど動きませんでした。

こればかりは性格によるところもあると思うので、無理に引きずり出すことはせず、猫が自分から出てくるのを待ってあげましょう。

れっちゅん

怖かったニャン…
アメリカンショートヘアのれっちゅんが猫じゃらしで遊んでいる写真

3日後にはお腹出して遊んでいました

猫の引っ越しで気を付けるポイント

引っ越し直後のれっちゅん:キャットタワーに隠れた様子

猫にとって引っ越しはストレスの塊です

猫は犬とは違い、ジャンプすることができる上、身軽で足が速いのでしっかり隔離しておかないと、何かの拍子に驚いて脱走する可能性があります。

室内飼いしている猫の場合、散歩に行く犬とは違い外に出るのに慣れていません。引っ越し前の家から新居へ移動している時もストレスが溜まりやすいです。

事故を起こしてはせっかくの引っ越しが台無しなので安全運転で、なるべく早く家と家を移動してあげることを心がけましょう。

また、新居に引っ越してからしばらくは動かなかったり、家具やソファー・ベッドの物陰に隠れてしまうことがありますが、猫のペースに合わせて様子を見ます。

猫が新居に慣れるまで、1週間から長い子で1ヶ月程度かかると言われています。うちのれっちゅんは1週間くらいでソワソワしていたので、様子を見てあげましょう。

れっちゅん

思ったよりダメだったニャ

引っ越しで溜まったストレスから体調を崩してしまうことや、トイレを我慢して病気になってしまう子も一定数います。

引っ越した新居周辺でかかりつけとなりそうな動物病院を前もって調べておくのが重要で、困ったときには早めに受診することをおすすめします。

犬の引っ越しで気を付けるポイント

引っ越しした新居で2匹並んでいるチワワの写真

犬は意外と平気でしたが、ストレスに注意です

犬は猫と違い、外に散歩に行っている子が多いことから、旧居から新居への引っ越しは問題ない子が多いようです。

我が家で飼っているチワワのアスカは全然平気でしたし、臆病者のまーさん(こちらもチワワ)も意外と平気そうでした。

アスカ

全然平気でちた

…とは言っても、犬種や性格によっても大きく変わってくるところなので、業者の方が出入りしている間は別の部屋に隔離することを徹底しましょう。

例え、人が大好きで人懐っこい性格であっても荷物や家具・家電を運び出している最中、部屋の中をウロウロしていると踏まれてケガをする危険があります。

また、新居に到着後は知らない匂いでいっぱいなので、今まで使っていたベッドや毛布・ブランケットなど、自分の匂いが付いたものを早めに置いてあげると安心しますよ。

まとめ:しっかり準備してスムーズな引っ越しを

引っ越し直後の新居で撮影した猫2匹の写真

猫の引っ越しの方が大変でした

このページではペット(猫・犬)の引っ越しに関する注意点やポイントを紹介してきましたが、参考になったでしょうか?

猫と犬、4匹と一緒に他県への引っ越し経験しましたが、猫の方が大変でした。猫は神経質な子が多いため、無事に引っ越しが終わっても気が抜けません。

初めて猫を飼い始めた時のように、おしっこしたかな?とトイレの心配をしたり、ご飯やお水を口にしなかったりと、最初の数日は気がかりでした。

結果的に猫が家の中に慣れるまで1週間くらいかかりましたが、今では少し広くなった家の中で追いかけっこするなど元気いっぱいです。

しっかりと準備して引っ越しを迎えることで、ペットの引っ越しもスムーズに進みます。飼い主さんにとって良い引っ越しができるよう、応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。