【室内飼い】猫が窓から外を見るのは縄張り意識?ストレスを溜めない飼育環境を整える

【室内飼い】猫が窓から外を見るのは縄張り意識?ストレスを溜めない飼育環境を整える

飼い猫が家の窓から外を眺めている姿を見たことがありませんか?猫は不思議な生き物で、窓から広がる外の世界も自分のテリトリー(縄張り)と思っているようです。

我が家では2匹の猫ズを家の中で多頭飼いしていますが、2匹とも2階の窓から外を見るのが大好きで、東西南北さまざまな方角を眺めて1日をゆったりと過ごしています。

れっちゅん

おそと眺めるの大好きニャン!

窓の外で電柱にとまっている鳥を見つけては鳴き声を出したり、あまりにも窓から外を見ているので「猫を外に出してあげないとかわいそうかな…」などと思ってしまいますが、
室内飼いの猫ちゃんを1度外に出してしまうと、逆にストレスが溜まる原因になってしまうので注意が必要です。

このページでは、室内飼いしている猫ちゃんが外を見る理由や習性・ストレスを溜めない飼育方法について説明しています!

飼い主さんの疑問が解決し、愛猫と良い関係を構築することのお役に立てればと思います。

猫が外を見るのが好きな理由

れっちゅんが窓から外を歩く子供を見ている写真

れっちゅんが窓から外を見ています。窓の外の景色は加工していますが、1軒家の2階です

結論から言うと、猫が窓から外を見ているのは「外の世界で動いている鳥などの生き物や動く木・葉を見て楽しんでいたり、縄張り(テリトリー)を見張っている」と言えます。

窓から外を見ている時の猫は外の世界に興味津々のため、尻尾をフリフリしたり小さな声で鳴いたりしていますよね。

しかし、外から拾ってきた子でもない限り「外に出して!」と飼い主さんに訴えている訳ではありませんので、猫が脱走しないように注意して好きにさせるのが良いでしょう。

れっちゅん

外の景色や匂いを嗅ぐのが楽しいニャン!

晴れている日であれば窓際で横になって日向ぼっこ(日光浴)している時もありますし、少し窓が開いていれば外の匂いをフンフン嗅いでいることもあります。

また、縄張り意識が強い猫は窓から見える景色も自分のテリトリーです。家の中を歩いている時もパトロールしているのと同様、外の縄張りを見張っているのです。

以前、窓際近くに座って猫が何してるのかなーと見ていたことがありますが、日の光が当たる時間帯はお腹を出してゴローンとして、夕方近くになると動くものをずっと目で追いかけていて、やっぱり猫って不思議だな~と思ったことがあります。

窓から見える世界は自分のテリトリー(縄張り)

以前聞いた話なのですが、猫にとって窓から見える景色は自分のテリトリー(縄張り)と捕らえる生き物らしく、窓から見える景色の数だけテリトリーが増えるとのこと。

人間が窓から外の景色を見て、道路を挟んで向こうに一軒家が建っていても「あそこは○○さんの家」としか思いませんが、猫にとってはテリトリーの一部です。

単純に窓から見える景色が増える=縄張りが増えてストレスが減る、と考える人もいるようなので、狭い部屋に猫と一緒に住んでいる人は外の世界が見える場所を増やしてあげると猫のストレス軽減に繋がるかもしれません。

ストレスからくる猫のおしっこ問題に困っている人はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて読んで頂ければ幸いです。

「カッカッカッ」「ケッケッケッ」鳴き声を出すのはなぜ?

窓の外にいる鳥などを見つけて「カッカッカッ」「ケッケッケッ」「ニャッニャッニャッ」と声を出して鳴いているのを目撃したことはありませんか?

普段、聞き慣れない鳴き声なので驚く人が多いですが、猫の本能である「狩り」をするモードになっているようで、この状態の時の目は獲物(外の鳥)しか見ていません。

また、ベランダにいるセミなどを見つけた時も同じような不思議な鳴き声を出すことがありますが、窓をしっかり閉めていれば脱走の心配はないので見守りましょう。

猫を外に出すのはストレスの元

家の中で飼っている室内飼い(完全室内飼い)している愛猫を外に出すのはおすすめできません。取り返しが付かなくなることもあるので止めておいた方が良いです。

…というのも、室内飼いの猫をいちど外に出してしまうとテリトリー(自分の縄張り)が大きく広がってしまい、家の中に戻した時に広がったテリトリーの確認・パトロールができずストレスがたまる原因になります。

家猫はよほど劣悪な環境でない限り、オウチの中で生活することに安心感や満足感を得ているといわれており、窓際・窓際で日向ぼっこしたり外を見たりするだけでも満足します。

外ばかり見てかわいそう…」と猫のためを思って外に出してあげるという行為が、結果的に猫を苦しめることになるかもしれませんよ。

外の世界は危険がいっぱい!事故や病気の可能性も

室内飼いしている家猫を外に出すということは、安全な家の中とは「真逆の環境に放り出すこと」といえます。

もちろん、家から出す・出さないは飼い主さんの意向次第ですが、家の外には車やバイク、自転車が往来していて危険がいっぱいです。

この記事を読んでいる飼い主さんが車の運転をするのであれば分かると思いますが、猫が道路の端から車の前を横断しようと、猛スピードで走ってきて危うく猫を轢きそうになった経験はありませんか?

猫は車のヘッドライトに寄ってくるように道路を横断することが往々にしてあり、外に出してあげた飼い猫が同じことをしないとも限らないのです。

また、家の周りを縄張りとする野良猫たちとテリトリーを巡って激しい喧嘩をして帰ってくることもあり、病気を貰ったりケガして痛々しい姿で帰ってくることもありえます。

ケガは傷が癒えれば治りますが、完治できない病気を貰った場合は取り返しが付かなくなってしまいます。

家に帰ってこないかも?飼い猫を外に出すことのリスク

飼い猫を外に出すことのリスクは病気やケガ、事故に遭うことだけではありません。

飼い猫ちゃんを外に放った時点で、周辺の散策が終わったからといって必ず家に帰って来るという保証はなく、最悪の場合は2度と会えなくなる可能性すらあります。

元々、近所の公園に捨てられているのを保護した猫だったり、家のガレージで出産していた猫を家に招き入れて飼っているという子であれば帰ってくるかもしれませんが(それでもおすすめはしませんが…)、あまりにも無謀で危険だと思います。

たまに猫が脱走して飼い主さんが必死に探しているのを見かけますが、それと同じで「外に出たそうだから出してあげた」とするのは、止めておいた方が猫にとっても飼い主さんにとっても良いと思う次第です。

寛ぐれっちゅんの姿

飼い猫にストレスを与えない飼育環境のために

窓辺・窓際から毎日のように外を見ている飼い猫が外に出たいかどうかは正直なところ分かりません。猫ちゃんが喋ってくれればいいのですが、それは難しいですよね。

ウチで飼っている2匹の猫ズは窓から外を見ていますが、窓・網戸を自分で開けて出て行こうとしたことは1度もありませんし、脱走・脱走未遂もありません。

これは家の中の環境で満足しているか、単純に臆病かどちらかなのですが、アメショーのれっちゅんは何事にも興味津々で臆病でもないので、満足してくれていると思っておきましょう。

れっちゅん

いつも家の中で走り回ってるから満足ニャン♪

筆者 マサネコ

(ドタドタうるさいけど)よかったね!

仮に飼い猫ちゃんが家の中から外に出たいと思っている場合、どうするのが飼い主として正しい選択なのでしょうか?下で少し説明しています。

猫用おもちゃで遊んであげる

ペティオ・けりぐるみ エビ:猫おもちゃのベストセラー商品

室内飼いの猫が窓から外を見るのは自然なことで、風景を見たり縄張りを見張っているということはご説明しましたが、外に出たい!という欲求は少なからずあるかもしれません。

多頭飼いの我が家のように同居猫がいれば一緒に走り回ったりして遊ぶことができますが、飼い主さんと猫1匹といった環境であれば猫おもちゃを使って遊んであげると良いです。

重要なのは猫おもちゃを置いてあるからいいや…で済まさず、飼い主さんがちゃんと相手をしてあげることが重要で、ストレスをため込まない環境を作ってあげましょう。

猫用ハーネスで散歩するという選択も

どうしても飼い猫を外に出してあげたい飼い主さんへの提案ですが、愛猫に散歩用のハーネスを装着して一緒に外へ出るという選択肢もあります。

しかし、猫用ハーネスを付けていても猫は猫。気になるものがあれば犬と違ってジャンプしますし、くれぐれも目を離さずにお散歩しましょう。

外の世界には様々な病原菌がいるため、ワクチン接種やノミ薬など病気の予防を万全にしてから外出することを強くおすすめします。

ただ、上でも説明していますが、飼い猫を1度外に出すと縄張り・テリトリーが広がるため、今後も継続的に散歩に連れ出すことになる可能性があり、外に出してあげないと猫にストレスがかかってしまいます。

場合によっては「外に連れてってくれ~」と言わんばかりに大きな鳴き声を出すことも考えられ、飼い主さんにとっても大きなストレスになるかもしれません。

まとめ:特別な理由がない限りは室内飼いがおすすめ

ウチの実家では昔、祖母が放し飼いで3匹の雑種猫を飼っていましたが、家の周りにいた野良猫と喧嘩して生々しい傷が絶えなかった姿を記憶しています。

自分も猫好きだったので一人暮らししてから猫を飼い始めましたが、そういった姿を見ていたからか、完全室内飼いで飼育することを決めていました。

世間的にもこういった流れになったのはここ十数年の間の話で、それまでは猫は放し飼いが当然で「猫まんま」(地域によってはねこめし・にゃんこめし・しーしーまんま)と呼ばれる、人が食べるご飯を与えられて生活してきました。

しかし、飼い猫に対する処遇が見直され始めてからは猫用キャットフードが浸透し、健康に配慮したご飯を食べるようになってからは完全室内飼いが主流となりつつあります。

我が家では今後も室内飼いを続けますし、動物病院に行くとき以外は外に出す予定もありません。それが猫ズの健康と安全にとって最も良いと思っているからです。

その分、なるべく外の景色を見られるように工夫しますし、窓際にお昼寝グッズを用意したりストレスが溜まらない環境作りを続けていきます。

ウチで迎え入れた猫ズが少しでの安心して暮らせる環境を用意するのが飼い主としての責任でもありますし、猫を飼うことを決めた飼い主の責任ではないでしょうか?