【猫の運動会】猫が暴れて走り回るのは狩猟本能。対策して双方にストレスを溜めない生活

【猫の運動会】猫が暴れて走り回るのは狩猟本能。対策して双方にストレスを溜めない生活

猫の飼い主さんなら「そろそろ寝るね~おやすみ~」と電気を消して間もなく、ドタドタドタ~!ニャーオニャーオ!と猫が興奮して走り回るのを目撃したことがあると思います。

激しく走り回るその姿はまさに猫の運動会。でも、夜中から明け方にかけて運動会(夜中の運動会とも言われていますね)が始まるのはなぜでしょうか?

猫の運動会の正式名称は「真空行動」と呼ばれており、夜行性の動物なので昼間は休憩して夜に狩りをする猫の習性です。

家猫は日中、夜の狩りのために蓄えたエネルギーを発散させる場所がないため、エネルギーが漲ってくると爆発して運動会になると言われています。

我が家は多頭飼いなので2匹の猫ズのうちどちらかが運動会を始めるともう1匹も参加して凄い勢いで走り回っており、時間帯は夜中が多いです。

ロシアンブルーのマコが猫の運動会中に興奮して爪とぎしている姿

我が家のマコは運動会中に爪とぎして、また走っていきます

マンション・アパートなど集合住宅だと下の階への騒音で迷惑になることもあるので、できる限り対策したいところですね。

猫の運動会対策

  • キャットタワーを設置して上下運動を促す
  • 猫用おもちゃで遊んであげてエネルギーを発散させる
  • 多頭飼いにして2匹で走ってもらい、早く疲れるようにする
  • ぐっすり寝ている猫を起こさない
  • ガマンして待つ

筆者が前に暮らしていたアパートはペット可物件の2階でしたが、1階の人が飼っていた猫の走り回る音などが聞こえたので、1階に住む人も多少は配慮した方が良いでしょう。

このページでは猫の運動会(真空行動)についての対策などを書いています。

猫の運動会(真空行動)についての知識

オモチャを狙うアメリカンショートヘアのれっちゅん

猫が暗くなってから走り回る行為は真空行動と呼ばれ、猫の本能(習性)によるもので夜中から朝方にかけてエネルギーを発散します。

対策については次の項目でご説明しますが、猫は元々ネズミなどを狩って生きてきた動物です。家の中で暮らす猫は年齢にもよりますが、体力が有り余っている状態なんです。

飼い主さんが布団に入って静かになると突然、スイッチが入って運動会を始めるのは生活音がなくなることで刺激不足となるパターンが多いです。

人間が寝静まった後にスイッチが入らなかった場合は朝4~5時の朝方が多く、この時間帯は獲物を探し回るために行動を起こす時間帯なのでスイッチが入ってしまいます。

どちらにせよ、猫の運動会が始まるのは飼い主さんが寝ている時間帯が多く、一緒の部屋で寝ている場合などは睡眠不足になることも往々にしてあります。

上の動画は猫が運動会している様子を撮影したものですが、投稿主の方も「そろそろ寝たいんだけど」と困った様子です。

何歳まで続く?

猫が運動会をするということは運動不足でエネルギーが溜まって溢れてしまっているのですが、大体1歳半頃までは続くと思っていた方が良いです。

子猫はエネルギーが有り余っている上、遊びたい盛りなので狩猟本能のスイッチが入りやすく運動会が始まりやすいと言われています。

うちの猫ズは2匹とも2歳くらいまでには落ち着きましたが、今でも2日~3日に1回は運動会しているので、個体差が出やすいのかもしれませんね。

れっちゅん

5歳のいまでも走り回ってるニャ!

筆者 マサネコ

明け方は止めて欲しいな…

ケージで寝かせると運動会しない?

飼い猫ちゃんに寝るときはケージに入ってもらうという選択肢もありますが、狭いケージだと動き回れないためストレスが溜まってしまいます。

ケージの中で運動会のスイッチが入ってしまった場合、ガチャガチャドタバタと部屋の中で走り回るよりうるさいこともあるので、結局外に出してしまうことが多いです。

ケージで寝るのをしつける為には子猫の頃からケージは寝る場所と教えるのが良いですが、ケージ内でも上下運動ができるように2段か3段のケージをおすすめしています。

最近はコンパクトな猫用ケージでも2段タイプ、3段タイプが用意されていて、飼い主さんのお部屋が狭くても設置できます。飼い猫が1匹ならミニサイズのケージでも良いと思います。

猫の運動会への対策

猫の運動会は「狩り」という本能から始まるものなので、いくらうるさい!と思っても完全に止めることはできません。

しかし、日中や飼い主さんが仕事から帰ってきた後にでもできる対策をすることで、朝までぐっすり寝てくれる可能性が高くなります。

キャットタワーを設置して上下運動させる

冷蔵の上に乗ってくつろぐれっちゅんの姿

ウチの猫ズは高いところの上から下を見下ろすのが大好きです

キャットタワーを用意してあげるのは簡単な対策です。猫は上下運動が大好きなので、置いておくだけでも勝手に上り下りしてエネルギーを消費してくれます。

また、部屋の中に上れそうな場所がなければ棚や本棚を置いてあげるだけでも勝手に乗ってくれると思うのでおすすめですよ。

ウチの猫ズは冷蔵庫や食器棚の上に乗るのが好きですが、キャットタワーの一番上の段でお腹を出して寝るなど、リラックスできる場所としても活用してくれています。

設置中のキャットタワーと飼い猫のれっちゅん

我が家に置いてあるキャットタワーです。
思ったよりも小さいので2匹で使うにはもう少し大きなキャットタワーを選んだ方が良いですね。

キャットタワー選びのポイントは高さ。

低いキャットタワーだと意味がないので、150cm以上あるキャットタワーで猫が入れる袋が付いているとよく使ってくれます。

倒れるのが心配な方は天井に突っ張れるキャットタワーを選ぶか、土台部分が大きめ(正方形が理想)のタイプを探してみると良いです。

おもちゃで遊んで疑似狩りを体験させる

ペットショップでもいろんな種類のおもちゃ(猫じゃらし)が売ってるので、いくつか買ってあげて好きそうなおもちゃで遊んであげると良いです。

大事なのは放置タイプのおもちゃではなく、飼い主さんが操るおもちゃを獲物に見たてて疑似の狩りを体験させることで猫は満足します。

理想は寝る前におもちゃで遊んであげて疲れさせ、朝までぐっすり寝てもらうことです。

たまに猫おもちゃで遊んでいる途中にスイッチが入り運動会が始まることもありますが、長くても30分程度で収まるので見守ってあげて落ち着いたら寝ると良いですよ。

食いつきが良いと言われるのは鳥の羽を使った猫じゃらしで、ウチの猫ズはカシャカシャ鳴るタイプのじゃらしが大好きです。

鳥の羽を使った猫じゃらし

鳥の羽を使った猫じゃらしで4本セットなのでお得です

シャカシャびょんびょん×2本セット

カシャカシャなる猫じゃらしで我が家の猫ズは良く食いつきます

多頭飼いして遊び相手になってもらう

飼い猫が1匹しかおらず、飼い主さんの仕事が忙しく家を空ける時間が長い家庭の場合、家で留守番している時間が長くなり退屈しがちです。

そんな時、追加でもう1匹猫を飼ってあげる多頭飼い環境にすると飼い主さんが居ない時でも2匹でそれなりに遊んでくれています。

キャットタワーの袋でいっしょに寛ぐ我が家の猫ズ

最初は微妙な距離でしたが今では仲良しです

我が家では4匹の猫と犬を飼っていますが猫は自由気ままに好きな場所で寝ていて、1匹が鳴くともう1匹が様子を見に行ったりして、そのまま追いかけっこしたりして遊んでいます。

猫をもう1匹追加で飼って多頭飼いにするというのは勇気がいることで、色んな不安があるのも事実です。

しかし、1匹でも2匹でもお世話の負担は大して変わらないので、この子だ!っていう子がいれば家庭に迎えてみるのも1つの選択です。

猫を起こさない

1日の14時間以上を寝て過ごす猫は普段は浅い眠り(レム睡眠)をしていて、物音がするとすぐに目を覚まします。

これは狩猟動物として敵から襲われた時にすぐ気付くことができるようにするためですが、目を覚ましたタイミングによっては運動会が始まってしまいます。

そこで、飼い主さんが寝室や布団に行くときは極力静かに移動し、起こさないようにすると良いでしょう。寝る前に構い過ぎると目を覚ましてしまうので注意が必要です。

ガマンして待つ

猫の運動会は長くても30分程度で、日によっては10分程度で終了します。

布団に入ってるときに運動会が始まると「いつまでやるの~」と布団を被ってしまいますが、1時間も2時間も続くわけではないので「今日も元気だな」と諦めましょう。

寝ている時で布団から出る元気があるのであれば、猫おもちゃを使って思いっきり遊んであげると運動会が終わるのが早くなります。

もう限界!寝不足で悩んでる

猫の運動会による騒音で朝早くから起こされ、寝不足になっている人もいます。

飼い猫ちゃんと一緒の部屋で寝ている人は逃げようがないので、運動会が始まったらおもちゃで遊んであげるか、耳栓・イヤホンで音楽を聴くなどして音を遮りましょう。

我が家ではホワイトノイズを発生する機械を寝室に置いてあり、隣の部屋で走り回ってる猫の鳴き声などが聞こえにくくなりました。関連記事で紹介しています。

賃貸で猫を飼う場合の理想は1LDK以上の部屋に暮らすことで、寝室を別の部屋にして猫ちゃんにはリビングで生活してもらうと起こされることがなくなります。

また、猫ちゃんを布団の中に入れるか側で寝てあげると朝までグッスリ寝てくれる子もいるので、寝るときに誘ってみると良いかもしれませんね。