【猫と犬の同居生活】仲良く一緒に暮らせる!どっちも飼ってると賑やかで楽しい

【猫と犬の同居生活】仲良く一緒に暮らせる!どっちも飼ってると賑やかで楽しい

筆者は4匹の猫・犬を多頭飼いしていることもあり、「猫と犬って一緒に仲良く暮らせるの?」という質問を頂くことがあります。

結論から言うと、犬と猫の性格次第(後述)ではありますが、我が家では問題なく暮らしています。お世話が大変になったという声も聞きますが、ウチはそんなに大変でもなくすぐに慣れてしまいました。

そして何より、猫・犬が4匹もいると賑やかで楽しいですよ。我が家は子供がいないので猫と犬が子供代わりみたいなところはありますが、色んな意味で気楽に楽しんでいます。

猫と犬、どっちを飼おうか迷っている方にはこちらの記事でそれぞれの良い所・悪い所について紹介しています。興味があれば合わせてご覧ください。

このページではこれまでに猫1匹と犬2匹を筆者と飼い猫(ロシアンブルー)がいる家庭に迎え入れてきた過程や注意・苦労した点などを書いています。

猫と犬を一緒に飼ってみたいな~と思っている人や、新たに猫(犬)を家族として迎え入れたいと思っている飼い主さんの参考になれば幸いです。

猫と犬は仲良くできる?猫・犬との同居生活の実態

よく、猫と犬が一緒に暮らしてて仲良くできてるの?と聞かれます。

飼い猫と飼い犬が一緒に寝ている写真

猫のれっちゅんは、よく犬と一緒にソファーの上で寝ています

ウチで飼っている4匹の猫ズ&犬ズは仲良し(いい距離感?)ですが、猫同士・犬同士・猫、犬間の相性次第なので、どのオウチでも仲良くできるよ!とは言い切れません。

猫同士・犬同士がどうにも仲が悪いという家庭もあれば、猫と犬で仲良く暮らしている家庭もあり、その傾向は多種多様です。

家族を増やしたいと迷っている飼い主さんの家族構成や猫種・犬種と同じ別の家庭があって良い関係が築けていたとしても、自分の家庭でも必ず上手くいくという保証はありません。

猫と犬の性格次第」というのは、猫が極端にデリケートだったり犬が臆病な性格だったりするとお互いが慣れるまでの間、少し大変かもしれないということです。

人間同士でも性格の不一致というものがあるように、猫や犬の間でも合う・合わないという相性問題は確実に存在します。

後から来る子を家に連れてきて、先住猫(犬)と会った時にどういった反応をするかを見ていきながら慣らしていくのが良いと思います。

猫と犬の性格・性別での違い

猫と犬と飼い主さん(もしくは犬・犬、猫・猫)で暮らすことを考え始めたら、まずは先住猫(犬)のことを考えてあげましょう。

先にいる子が活発な性格なら2匹目の子も活発な子で良いと思いますし、臆病(ビビリ)ならあまりに活発な子を迎えてしまうとストレスが溜まる原因になるかもしれません。

これは性格と性別によっても異なりますし犬か猫か、種類でも状況が変わります。基本的な傾向として男の子は甘えん坊といわれ、多頭飼いするなら同性同士(できれば去勢したオス)が良いといわれています。

あくまで参考意見ですが、我が家は先住猫がオスだったので2匹目の猫もオス。先住犬がメスだったので2匹目もメスを選びました。

子供を産ませたいのであれば去勢・避妊手術をしない選択をした上でオスとメスの組み合わせで迎え入れますが、筆者的には去勢・避妊手術をする上で同性を選びます。

筆者 マサネコ

メスの生理や出産などは思ってる以上に大変です。数匹の子供が生まれるので、その子たちのことも考えなければなりません。

ウチで飼ってる2匹の犬は性格が真逆といわれていますが、同じチワワでメス同士(避妊済み)ということもあり、一緒に仲良く寝ています。

猫との犬の関係・相性については下で説明していますが、猫はイヤになったら高いところに逃げることができるため、そこまで気にしていなさそうです。

れっちゅん

犬ズと一緒に寝ることも平気だニャン

マコ

適切な距離感を取ってるニャン

猫と犬の相性や関係性

我が家の家族が増えていった過程は後述していますが、先住猫のマコが後からきたレッツを見て警戒していましたが、犬が来た時は特に気にしていませんでした。

そのレッツも最初はマコに突撃していき怒られていましたが、今ではお互いの中でほどよい距離感を持って生活しているように見えます。

マコ

猫の猫の間でも距離感が大切だニャン

猫同士でも兄弟(兄妹)などであればくっついて寝たりするようですが、ウチで猫2匹がくっついて寝ているのは1度も見たことがありません。

しかし、最初は近くで寝るのすら嫌がっていたマコがレッツの側で寝るようになったりと、確実に距離感が近くなってきているのを感じる今日この頃です。

逆に犬同士はすぐに仲良くなり、くっついて寝たりおもちゃを使って遊んだりと楽しそうな姿を良く見かけます。これはお互いに若かったことと性格によるものだと思っています。

飼い犬のアスカとまーさん(共にチワワ・チョコタンホワイト)が一緒のベッドに入っている写真

チワワのアスカとまーさんは仲良しです

結論としては猫と犬を一緒に飼っても適切な距離感を持って生活してくれるでしょう。

しかし、片方が極端に気性が荒いなどの場合は上手くいかないかもしれないので、先住猫・犬の性格と相談して「2匹目以降はどんな子がいいか?」を考えてみましょう。

ペットショップで衝動買いはちょっと待って

2匹目の猫・犬を考えている時にペットショップで偶然、飼い主さん好みの可愛い子がいたとします。店員さんがケージから出してくれて抱っこ…なんて良くある話ですよね。

先住猫・先住犬の性別・性格を考えて「2匹目の性別は○で種類は○、性格は○○○みたいな子だったら合うかな」と想定できていて、ピッタリな子がいれば即決するのもありです。

しかし、特に考えていなかった場合は1度家に戻って冷静に考えてみましょう。家に戻れば飼ってる子がいると思いますし、先住の子と気になる子が上手くやっていけそうか、じっくりと悩んでみると良いです。

ペットを飼うということは飼い主がその子の生涯の責任を負うということです。家に連れてきて性格が合わなくて喧嘩ばっかりだから返品しよ…というのは通用しません。

先住猫・先住犬と新たに迎えようとしている子の人生を背負えるか?ということを良く考え、結論を出しましょう。

ペットショップなどでどうしても気になる子がいる場合、ショップにもよりますが手付金をいくらか払うことで1週間前後は考える時間をもらうことができます。
(相場は数万円、購入しない場合は返金されることが殆どです)

生体の販売・契約については各店舗にお問い合わせ下さい。当サイトでは生体販売に関する質問はお受けできません。

ツイッターで話題!猫と犬どっちも飼ってると毎日楽しい漫画

ツイッターの犬猫界隈で一躍有名となった、松本ひで吉さんが書く漫画「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい(仮)」でも描写されていますが、猫と犬は別の生き物です。

松本ひで吉さんのお宅で飼っているペットも猫がクール、犬が天真爛漫な性格で何だかほんわかしてしまいますね。

我が家の猫はそこまでクールでもなく甘えん坊ですが、、犬は漫画と同じで楽しいことを楽しい!と言うような性格です。

アスカ

ご飯おいしいでしゅ。もっとくだしゃい。

そんな「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい(仮)」が単行本化され、6月13日に発売されるようです。

(ツイッター利用規約に基づき引用ツールを利用して埋め込みしています)

我が家の家族が増えた過程・家族構成

冒頭にもありますが、我が家では4匹の猫・犬と筆者、奥さんの6人?家族です。(我が家の家族たち(猫ズ&犬ズ)

筆者は「一人暮らしをしたらいつか猫が飼いたい」とは思っていましたが、最終的に2匹の犬を家族に迎え入れ、同居生活を送ることになるとは想像していませんでした。

これまでに犬を飼っていたことがなく、迎え入れる前はどんな生活になるのかな?と不安でしたが、猫以上に人なつっこく可愛いものでした。

始まりは猫との生活

20代前半で実家を出て一人暮らしを始めた筆者がもうすぐ10歳になるロシアンブルーのマコを家族にして一緒に暮らしたのが始まりで、数年間はこの状況が続きました。

ペット可の狭い部屋ではありましたが、マコは本棚の上からいつも外を見たり日向ぼっこしたりしていました。

うちに迎え入れて少し経った後のマコの写真

(2歳くらいのマコの写真です)

2匹目の猫が家族に

マコが来てから数年後、知り合いだったブリーダーさんのところで茶トラ(レッドタビー)のアメリカンショートヘアの子供が生まれたことを知り、家族にすることを決めました。

2匹目の猫ですが、子猫用のトイレやご飯を用意する一方、先住猫のマコとの相性は大丈夫かな…と、この時が一番不安だったのを覚えています。

結果的に、最初は全然ダメでした。笑

マコが新猫の匂いを嗅ぎにきたあと台所に閉じこもってしまった上、新猫(レッツ)も不安なのか、筆者の姿が見えなくなると泣き叫び、トイレにも行けず一苦労…。

うちに来てからすぐのレッツの写真

(寝室に隔離したレッツの姿。すぐに泣き叫ぶので離れることができませんでした。)

その日はレッツを寝室で見守ることにして、トイレを使うのを確認してから就寝。次の日、台所を見に行くとマコがゲンナリしてたのでしばらく抱っこ。

すると、寝室からレッツが大声で泣き叫んで呼ぶので、「これはダメだ」と台所のあるリビングの端にケージを設置。新猫をその中に入れて様子を見ることに。

その日のうちからマコがケージの中にいるレッツを見に行ったり、匂いを嗅いだりと少しずつ慣れたきたのでレッツを部屋の中に放流して少しずつ交流開始。

数週間でお互いにとってほどよい距離感が見つかったのか、部屋の中を一緒に走り回ったり日向ぼっこしてるので、家族として認めてくれたのでしょう。

マコ

これで終わりだと思ってたニャン…

筆者 マサネコ

ごめんね。まだ増えるんだ…。

彼女との結婚と2匹の犬

この頃、彼女(現在の奥さん)が犬を飼っていることが発覚。それから間もなくして同棲の話になるも、「うちには猫が2匹いるから犬はちょっと…」とやんわり断る。

奥さんの実家に犬を預けると提案されましたが、奥さんにとってチワワを飼うのが夢だったらしく、引き離すのも可哀想だなぁとお試しで我が家へ泊まりにくることに。

マコはレッツの騒動で慣れたのか、犬が追いかけてこないから気にしてないのか、全くと言っていいほど相手にしてませんでした。レッツも遊び相手が来た感覚で気にせず。

少し経ち、奥さんと犬(チワワ)が引っ越してきて、同居生活が始まりました。レッツがウチに来たときほど大変でもなかったので、猫・犬の世話は苦ではありませんでした。

アスカ

お邪魔しましゅ

それから1年ほど経ってから結婚することになり、アスカが暇そうだから遊び相手がいるといいかな~と思い始め、同じチワワのを家族として迎え入れることに。

この頃になると1匹や2匹増えても変わんないなと思うようになっていたので、だいぶ感覚が麻痺してたと思います(笑)。

4匹目となるが家に来る日、最初はケージに入れて様子見ようと事前に準備していたので大きな問題もなく迎え入れは終了。

先住犬となるアスカがどんな反応するかなーと見ていましたが、ケージの中のご飯を盗もうとして一生懸命でした。犬同士はすぐに仲良くなり驚きました。

まーさん

アタチもお世話になりましゅ

マコ

どんだけ増えるんだニャン…。

まとめ:猫と犬は一緒に飼えてそれなりに楽しい

ここまで、猫と犬の同居生活(多頭飼い)について、我が家の状況や実体験も交えて色々と書いてきました。

これは奥さんともたまに話すことですが、猫と犬は性格も違って見ているだけでも人を嬉しい・楽しい気持ちにしてくれます。

無理に多頭飼いを勧める訳ではありませんが、ウチは4匹の猫ズ・犬ズが居てこそです。

筆者からすればあれよあれよと家族が増えましたが、一緒に暮らしていると色んな発見があって楽しいですよ。

意外と一緒に暮らしてみれば何とかなることの方が多いですが、中には先住の子との関係がどうにもならなかったオウチがあるのも事実です。

猫と犬が喧嘩することもなくバランスが取れているので良いですが、2匹目以降の猫・犬はよく考えてから家族に迎え入れることをおすすめします。

まーさん

終わりでしゅ!