猫の首輪は必要?脱走時に役立つ安全な首輪を選ぶ方法。嫌がる猫には無理に付けるな

猫の首輪は必要?脱走時に役立つ安全な首輪を選ぶ方法。嫌がる猫には無理に付けるな

家の中で飼っている猫に首輪を付ける必要ってある?とたまに聞かれますが、脱走したときの目印になるなどのメリットがある一方、首輪が引っかかって死亡事故に繋がるリスクもあり飼い主さんの中でも意見が分かれます。

単純に見た目が可愛いから付けてるって人も少なからずいることも事実ですが、室内飼いしている猫に首輪は必要なのでしょうか?

猫に首輪を付けるメリット

  • 脱走したときに飼い猫だと一目で分かり保護されやすい
  • 迷子札などを付けておくと家に戻ってくる可能性が高い
  • 見た目が可愛い
猫に首輪を付けるデメリット

  • 室内で死亡事故に繋がる可能性がある
  • 口や足に引っかかる事故が起きて猫に悲しい思いをさせる
  • 猫によってはストレスを感じてハゲたり皮膚炎になる可能性

猫に首輪を付けることはメリットとデメリットがあります。

大きくなってから首輪デビューした猫ちゃんや神経質な子だと強いストレスを感じてしまうため、子猫の頃から慣れさせるか、付けるかどうかを良く考えましょう。

青色のセーフティー首輪を付けているアメリカンショートヘアのれっちゅん

首輪を付けると可愛さマシマシですが、安全面では若干の不安が残りますね

我が家で飼っている2匹の猫ズには、脱走した時に備えて首輪を付けていますが、何かに引っかかった時に圧力がかかると簡単に外れるセーフティーバックル付きの安全首輪を選ぶなど配慮しています。

そもそも猫に首輪が必要なのか?

リードを付けて散歩に出かける犬は外に出る際、必ずリードを着用しますが、家の中で飼っている猫ちゃんに首輪は必要なのでしょうか?

答えはノー。

飼い猫に必ず首輪を付けないという決まりもないので、特に必要性を感じない飼い主さんは無理に用意することはありません。

とはいえ、テレビやCM、雑誌に載っている猫ちゃんたちはみんな首輪付けてて可愛いな~!と思う方も多いと思うので、それぞれ良い所や悪い所を見ながら考えていきましょう。

脱走・迷子の時に役立つ迷子札

普段は家の中で飼っている飼い猫が窓や玄関から脱走してしまった場合、首輪を付けていれば近所の人が保護してくれる可能性が高くなります。

さらに、飼い主さんの名前や住所・電話番号(連絡先)を書いた迷子札を猫に付けておくと、外で発見された際、保護してくれた人が直接連絡をくれる可能性が高いです。

通販サイトなどでもオーダーメイドで迷子札を作れるサービスや商品が販売されているので、首輪はシンプルなやつを選んで迷子札だけは付けておくという人も増えています。

「絶対脱走しないから迷子札なんていらない!」という場合でも、地震など大規模災害が起き、飼い猫が行方不明になった場合でも飼い主さんの元に帰ってくる可能性が少しでも高くなるのであればメリットと言えますね。

鈴付き首輪なら居場所が分かる

首輪に小さな鈴が付いたタイプの首輪なら、猫が歩くとチリンチリン♪と音が鳴るので、猫の居場所を知ることができるメリットがあります。

賃貸の1ルームで飼っているのであれば見える範囲にいると思うので鈴は不要ですが、一軒家や比較的広い部屋で飼っている猫ちゃんには付けてもよいでしょう。

鈴付きのセーフティー首輪:力を入れると簡単に外れる仕組みになっています

我が家で使っている鈴付きのセーフティー首輪です。控えめな鈴の音なのでうるさくありません

家の中を探検するのが好きな猫ちゃんに鈴付きの首輪を付けておくと、見えなくても「ちゃんと家の中にいるな~」と確認できるので安心です。

室内で死亡事故の可能性やデメリットも

愛猫に首輪を付けて可愛くしたい!というのは、多くの飼い主さんが思うことです。

しかし、猫にとっては異物が体にひっついている訳ですから、慣れていない子やそもそも首輪が嫌いな子にとってはストレスが溜まってしまいます。

さらに、首輪が口や足に引っかかったり、家の中の出っ張りに首輪が引っかかり窒息状態となってしまう室内での死亡事故に繋がる可能性もゼロではありません。

青色の首輪を付けたマコの写真

見た目は可愛くなりますが、安全面で不安という方がいるのも事実です

そのような猫に首輪を付けることで生じるリスク(デメリット)を紹介していきたいと思います。

「たすき掛け」「口に引っかかる」様々な事故リスク

首輪を付けた猫が陥りやすい事故の一例として、首輪が片方の前足まで下がってしまう「たすき掛け」という状態になる事故です。

これは、首輪を少し緩めにして取り付けている子に見られるもので、たすき掛けの状態で放置すると脇の部分が首輪で擦れてケガをしたり、炎症が起きたりします。

このケースだとセーフティー首輪でも力が掛かる方向が異なるため、外れない場合などが報告されています。死亡事故に繋がる可能性は低いですが、見つけたら直してあげましょう。

※ツイッター利用規約に基づき引用ツールを利用して埋め込みしています

また、少し緩めに首輪を付けている子で、毛づくろいを良くする子は首輪が歯や口に引っかかってしまう場合があります。

ウチのれっちゅんも大きめの首輪をしていた時、よく下顎に首輪が引っかかっていました。

こちらはたすき掛けよりも危険性が高く、セーフティー首輪なら力がかかって外れますが、勝手に外れないと暴れて口の中を大ケガする可能性があります。

下顎に首輪が引っかかってしまう子の場合、小さめの首輪(理想はシンプルなセーフティー首輪)を選んであげるか、あまり緩くならないように調整しましょう。

れっちゅん

首輪が顎に引っかかって取れなくてビックリしたニャン…

首輪が原因でハゲたり皮膚炎になるリスクも

首輪をすること自体になれていない猫ちゃんや首輪の装着感が嫌な子の場合、首に違和感を感じて後ろ足でずっと掻いてしまうこともあります。

首輪が触れている首の部分の毛が擦れて薄くなってしまう(ハゲてしまう)子もいて、毛根がダメージを受け続けると毛が生えてこなくなることもあるようです。

また、雑菌が繁殖して皮膚炎を発症することもあるため、猫が嫌がっている場合は首輪の使用自体を止めるかたまに首輪を洗ってあげて清潔な状態を保つようにしましょう。

もし飼い猫の毛がハゲてきた場合、動物病院の先生に相談することをおすすめします。

嫌がる猫に首輪を付けるのはストレスの元

猫ちゃんが嫌がっている(何とかして首輪を外そうとしている)場合、「可愛いから…」と無理に装着を続けると猫に強いストレスを与えてしまいます。

また、首輪を外そうとしている最中に皮膚を傷つけてケガしてしまう可能性や、ストレスから別の病気を発症する可能性も考えられます。

子猫でも成猫でも新たに首輪を付ける際は、少しずつ装着する時間を伸ばすなどしてゆっくりと首輪に慣れさせていくことをおすすめします。

嫌がる猫に首輪を付ける手順

  • 最初は1日に数分、首輪を付けてすぐに外す
  • 何日かかけて首輪を付けている時間を少しずつ伸ばす
  • 時間を伸ばした際、嫌がっていないか様子を確認
  • 首輪に慣れたことを確認して付けっぱなしに移行

猫に首輪を装着したい場合、理想は子猫の時から付けておくことをおすすめします。成猫になってから首輪を付けようとすると嫌がる子もそれなりにいます。

安全なセーフティ首輪の選び方

首輪を選ぶ際、何かに引っかかるなどして力が掛かると勝手に外れるセーフティバックル付きの安全首輪をおすすめしています。

室内で首輪が引っかかって窒息状態となってしまう死亡事故は、100%ではありませんがセーフティー首輪なら外れてくれるため、普通の首輪よりは安心して装着できます。

我が家で使っているセーフティーバックル付きの安全首輪

黒い部分がセーフティーバックルで、力が掛かると外れる仕組みです

形は普通の猫用首輪ですが、布の外周部分の両端がセーフティーバックルに繋がっていて、首輪に強い力がかかるとバックルの部分がパチッと外れる構造です。

セーフティー首輪の装着時と外した時の比較写真

写真上:首輪が閉まっている時
写真下:力が掛かって外れた状態

バックルに力がかかると外れますが、過信しすぎも良くありません。

しかし、猫を多頭飼いしているオウチでは猫同士がじゃれている時に爪が首輪に引っかかり、首が絞まっているなど危ない場面に遭遇することもあり、セーフティー首輪の方が安全なのも事実です。

店頭・ネット通販での選び方

これまでに紹介したセーフティー首輪(安全首輪)の選び方ですが、まずは飼い猫ちゃんの首回りのサイズを図り、プラス2~4cm大きいサイズで首輪を選びます。

さらにその中でもセーフティーバックルが付いた首輪を選ぶのが良いですが、アマゾンや楽天などネット通販で探す場合は素材感などが分からないため売れ筋を選ぶのがベターです。

※バックルが付いた首輪は猫によって嫌がる場合もあるので、初めての首輪はナイロンやコットン製の軽く、皮膚に負担が掛からない首輪を選ぶのがおすすめです。

首輪慣れした子であれば装飾が付いていたり、リボン・チャームが付いていても問題ありませんが、初めはシンプルな布製首輪を選んであげるのが良いと思います。

まとめ:嫌がる猫に無理に首輪を付けるのはやめよう

このページでは飼い猫ちゃんに首輪を付けることの必要性や、反対にデメリット・リスクについて紹介してきました。

万が一にも脱走するようなことがあった場合、首輪や迷子札をしていれば一目で飼い猫だと分かり、保護してくれた人から連絡がくる可能性が高くなるため、不安な方は迷子札をおすすめします。

首輪を付けることで猫の可愛さもアップしますが、室内での窒息・死亡事故や下顎に首輪が引っかかって出血する事故に繋がる可能性もあるため、セーフティー首輪(安全首輪)を選んだ方が良いと思います。

また、徐々に首輪に慣れさせていくのも必要ですが、猫がどうにも嫌がって首輪の感触に慣れない場合は付けることを諦めるのも大事です。

嫌がる首輪を無理矢理装着することで、猫にストレスが溜まって病気の元になります。また、皮膚炎になったり毛がハゲる可能性もあるため、無理なら潔く諦めましょう。

れっちゅん

終わりだニャン♪