猫が好むダンボールハウスの作り方。猫ハウスよりダンボールを気に入る理由とは?

猫が好むダンボールハウスの作り方。猫ハウスよりダンボールを気に入る理由とは?

全猫が大好きと言っても過言ではないダンボール(段ボール)。アマゾンなどネット通販の空ダンボールをポンと置いておいた場合、多数の猫は突撃していくのではないでしょうか?

大好きな愛猫のために立派な猫ハウスを買ってきたら、猫ハウスが入っていたダンボールの方がお気に入りになった…といった話は良く聞きます。

ツイッター界隈で話題となり書籍化もされた猫漫画「おじさまと猫」(著者様:桜井海@sakurai_umi_)でも似たようなシチュエーションが漫画化されています。

※ツイッター利用規約に基づき引用ツールを利用して埋め込みしています

なぜ猫はダンボールに入ったりダンボールの上で体を休めるのが好きなのでしょうか?様々な説がありますが、ダンボールの中が好きな理由について、

猫が好きな場所の条件

  • 暗いところ
  • 狭いところ
  • 静かで身を隠せるところ
  • 体を密着させていると暖かい

といった説が濃厚で、単純に爪とぎもできるダンボールが好きで中に入っていくのではないかと言われています。

そこで、無理にお金を払って猫ハウスを買うよりもアマゾンなどを利用した時に送られてくる、モノによっては無駄に大きいダンボールを使って猫ハウスを作る方法を紹介します。

奥さんが作ったダンボールハウス(アマゾンダンボールを利用)

うちの奥さんが作ったダンボールハウス。
アマゾンダンボールを加工したのでほぼタダで作れました。
コストコダンボールで作った猫ハウス

こちらは筆者が作りました。若干雑ですがロシアンブルーのマコお気に入りです。

この写真は筆者の奥さんが作ってくれた猫用のダンボールハウスで、上に何度か猫が乗ったりしたので天井が潰れてしまっていますが、まだまだ現役です。

普段は中にブランケットを入れて使っていますが、夏が近づいてきてあまり猫が入らなくなってしまったので部屋の片隅にこっそり置いています。

また、このページ内では「猫ハウス」として紹介していますが、犬用のハウスとして作るのでも問題ありません。犬の体のサイズに合わせたハウスを作ることができますよ。

「猫ハウス」とまではいかないものの、強化ダンボールが素材の猫用ソファー(爪とぎ)「カリカリーナ」について、こちらの記事で紹介しています。興味があれば一緒にご覧ください。

それでは、不要になったダンボールを使って猫ハウスを作る方法と制作事例を紹介していきます。

猫はとにかくダンボールが大好き

猫がダンボールの中に入って頭だけ出している写真:アメリカンショートヘアのれっちゅん

ダンボールを置いておくだけで勝手に中に入っていきます
(写真はアメリカンショートヘアのれっちゅん)

なんでそんなにダンボールの中や上が好きなの?と思わず聞きたくなるほど、猫はダンボールが好きです。少なくとも、ウチで飼っている2匹の猫は大好きです。

れっちゅん

ダンボール大好きだニャン

マコ

同じくだニャン

我が家の猫に特に好評なダンボールは下の2種類。

  • アマゾンのダンボール(ちょっと大きめで周りが高いタイプ)
  • 2Lペットボトルが6本入っていた高めのダンボール

アマゾンのダンボールは比較的、頻繁にうちにやってくるため、荷物を出したらとりあえず床に置いておきます。すると、すぐにどちらかの猫が寄ってきて中で寛いでいます。

おそらく、中が暗くて狭いため落ち着くのだと思います。

猫ハウスを用意してあげたいけどお金がない…って飼い主さんは、とりあえずダンボールを部屋の中に置いておくだけでも猫は満足して使ってくれると思いますよ。

コスパ最強!猫が好むダンボールハウスの作り方

筆者が作った雑な段ボール製の猫ハウス:ロシアンブルーのマコが中に入っています

筆者が作ったダンボールハウスな雑な作りですが、マコのお気に入りです

いらないダンボールを加工して猫ハウスを作るのはそんなに難しいことでもなく、簡単な物なら天井を閉じて正面の出入り口部分をくり抜けば完成します。

ざっくりとした説明ですが、筆者が作った猫ハウスはコストコで貰ってきた丁度いいサイズのダンボールの正面を切り抜き装飾。

猫ズが上に乗って潰れるのを防ぐため、天井部分にウーロン茶のダンボールを切り貼りして補強した簡単なものです。

簡単なダンボールハウスの作り方(図解)

白色の部分を切って出入口を作るだけでも、猫が入って使ってくれるかもしれません

制作時間は30分くらいで、周りのピンク色のテープなど装飾部分は奥さんが100均で買ってきたテープをペタペタ貼っただけです。

材料費はガムテープとテープ代くらいなので200円もあれば作れるのではないでしょうか?注意点として、猫ハウスに使うダンボールは綺麗なものを使うようにして下さい。

ちなみに、奥さんが作った猫ハウスは犬のまーさん用でしたが、猫のれっちゅんが昼寝に使うようになってからは猫用のダンボールハウスとなりました。

奥さんが作ったダンボールハウス(アマゾンダンボールを利用)

ボロボロになってきましたが、丁寧に屋根まで作ってあります
奥さんが作ったダンボールハウス(後ろから撮影)

後ろはこんな感じになっています

誰でも簡単に作れておすすめなので、立派な猫ハウスを買うよりもダンボールでちょいちょいと作ってみてはいかがでしょうか?

まーさん

犬ハウスの代わりにも使えましゅ

不要ダンボールで猫ハウスを作るメリット

ダンボールに潜り込むアメリカンショートヘアのれっちゅん

猫が落ち着く場所を作ってあげると喜びますよ

いらないダンボールで猫ハウスを作ることによって、飼い主さんと猫の双方にメリット(良い点)があります。

ダンボール猫ハウスを作るメリット

  • いらないダンボールで作るので材料費が安い
  • 捨てるはずのダンボールを再利用できる(ゴミが減る)
  • ボロボロになってもすぐに新しくできる
  • 自由に作れるのでオリジナル猫ハウスが家に置ける

猫にとっては、大好きなダンボールの中でゆっくり休める場所ができ、寝床とすることができるので安心して眠ることができますね。

また、材料が捨てるはずだったダンボールなので、猫ハウスでいくら爪を研がれても痛くありません。

みんなが作ったダンボールハウスを紹介

YouTubeに投稿された動画

YouTubeには色んなダンボールハウスを作ってみたという動画が公開されています。その一部を紹介していきます。

100円均一(100均)で購入した道具のみを使い、500円でダンボール猫ハウスを手作りしている様子を撮影した動画。

こちらもダンボールを使い、家族で猫ハウスを作っている作業風景が撮影されています。不要なダンボールがあれば気軽に安く作れるのが良いところですね。

こちらの動画はクラウドファンディングで資金調達したダンボール猫ハウスの製造工程も投稿されています。お城のようなデザインが特徴的ですね。

ツイッターに投稿されたダンボールハウス写真

ツイッターには飼い主さんが作った、猫ハウス以外にも犬・ウサギのためのダンボールハウスを撮影した写真が投稿されているので、紹介させて頂きます。

100均で装飾用のテープを買ってきて貼るだけでも、華やかなダンボールハウスとなりますね。

※ツイッター利用規約に基づき引用ツールを利用して埋め込みしています

誰でも簡単!ダンボールハウスを作ってみよう

ダンボールの上で横になるロシアンブルーのマコ

ダンボールを組み立てて置いておくだけでも爪とぎ代わりに

このページではダンボールで作った猫ハウス(犬ハウスとしても利用可)の作り方や制作事例などについて紹介してきました。

気軽に作れてニャンコ&ワンコが気に入る可能性が高いので、アマゾンなどから荷物が届いたら挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。